日本の企業のホームページ・メールアドレスには、安心と信頼の「co.jpドメイン」が役立ちます。
JPRS
選ぶなら世界NO1の安全性。
「△△△.JP」のドメイン名でホームページ活用の可能性が広がる。
上場企業の97%が登録。
CO.JPドメイン名を貴社のホームページ・メールアドレスに。

設立前の仮登録もできます。CO.JPドメインは→ こちらから。
企業のホームページとは、24時間365日休むことなく会社の商品やサービスをお客様や取引先に情報提供してくれる優秀な営業窓口です。
Eメールアドレスは、営業時間しか受けられない電話とは違い24時間365日、お客様や取引先などからのお問い合わせ、お申し込みを受け付けてくれる優秀な受付窓口です。
「co.jpドメイン」の信頼の登録実績とブランド力
属性型・地域型co.jpドメインのお申し込みはこちら

「co.jp」ではじめる理由

せっかくの企業ホームページ・Eメールアドレスだからこそ、「co.jp」を選ぶ理由とは?

理由その1:企業ホームページ・Eメールアドレスにはこんな効果が!
企業Eメールアドレス
会社情報や商品・サービス情報を世界に発信できます!

世界とつながる企業ホームページ

ホームページは、24時間365日オープン

24時間365日、いつでも会社や商品などに興味をもったお客様を迎え入れます。

ホームページは、すべての情報発信の場として

企業情報や企業理念をはじめ、自社商品やサービス、採用情報など、伝えたい情報がいつでも発信できます。

ホームページは、効果的な広告として

カタログやチラシでは伝えきれない情報をいつでも掲載・更新できます。
カタログやチラシと組み合わせて、「続きはWebで」という広告を展開するのも効果的です。

企業Eメールアドレス
お客様や取引先とのやり取りがさらに身近なものになります!
Eメールアドレスは、すべての情報発信の場として

カタログやチラシでは伝えきれない情報をいつでも掲載・更新できます。
カタログやチラシと組み合わせて、「続きはWebで」という広告を展開するのも効果的です。

Eメールアドレスは、効果的な広告として

カタログやチラシでは伝えきれない情報をいつでも掲載・更新できます。
カタログやチラシと組み合わせて、「続きはWebで」という広告を展開するのも効果的です。

属性型co.jpドメインのお申し込みはこちら

「co.jp」ではじめる理由

企業ホームページ・Eメールアドレスは“あればいいもの”ではありません

個人によるホームページの開設、Eメールの利用も当たり前になった今、一般のインターネットユーザーは情報の安心間や発信元の信頼性を吟味するようになりました。

そのものさしの1つが「ホームページアドレス」や「Eメールアドレス」なのです。

安心と信頼の「co.jpドメイン」「co.jp」や「com」、「net」、「biz」...
テレビCMや雑誌広告に乗っているアドレスを見ると末尾によく見かけますね。
そんな中、企業のアドレスに最適なのが「co.jp」です。

「co.jp」は、企業向けのアドレスとして、 “日本国内に登記のある企業”が “1組織につき1つに限って”登録可能という厳密なルールのもと、 登録・管理がされてきました。このため、一般のインターネットユーザ調査でも、 「co.jp」といえば『日本の安心感と信頼性のあるホームページ・Eメールアドレス』というイメージの定着が確認されています。
だからこそ、一部上場企業の98%もが登録をしているのです。
※2008年7月、JPRS調べ(小数点第1位を四捨五入)

  登録用件 登録者の属性 登録可能件数
co.jp 日本に登記されている 企業のみ 1組織につき1つ
com 特になし 問わない 制限なし
net 特になし 問わない 制限なし
biz 特になし 問わない 制限なし

取得費用

弊社でのドメイン取得は、各サービスプランによって異なります。
各サービス概要、料金は以下のとおりです。

サービス名 サービス概要(料金案内)
サブロクセット
ドメイン取得+Wordpressホームページ制作+レンタルサーバー
すべてがセットになったオールインワンパッケージ!
・ドメイン取得 ・・・ 新規取得無料
・ホームページ制作+レンタルサーバー ・・・ 5,800円〜/月
サブロクサーバー
IntelCoreプロセッサ、大容量HDD・メモリの最新高スペックサーバー・・・
レンタルサーバー
・ドメイン取得 ・・・ 新規取得無料
・レンタルサーバー ・・・ 1,900円〜/月
サブロクドメイン
最短即日発行のドメイン取得
・ドメイン取得 ・・・ 新規取得3,600円〜

※2年目以降は1年ごとに更新費用が必要となります。

属性型co.jpドメインのお申し込みはこちら

よくある質問

みなさまからよくある質問集です。
お役立てください。

  1. ホームページ・Eメールアドレスと「ドメイン名」の関係を教えてください。
    ドメイン名とは、「●●●.co.jp」や「●●●.ne.jp」などで表され、「インターネット上の住所」と言われるものです。ホームページアドレスやEメールアドレスを構成する一部の要素となっています。
    【ホームページアドレス】 http://●●●.co.jp/  
    【Eメールアドレス】 XXXXX@●●●.co.jp
  2. 「co.jp」とその他のドメイン名との違い・メリットを教えてください。
    「co.jp」は企業向けドメイン名サービスで、“日本国内に登記のある企業”が“1企業(組織)につき1つ”に限って登録が可能という厳密なルールのもとに登録管理されています。この点が、他のドメイン名サービスと大きく異なっているところです。その結果、一般のインターネットユーザ調査でも「co.jp」に対して『日本の安心感と信頼性のあるドメイン名』というイメージが強いことが確認されており、また、一部上場企業の98%が「co.jp」を登録しているという実績があります。
    ※2008年7月、JPRS調べ(小数点第1位を四捨五入)
  3. 「co.jp」の登録に必要な要件はありますか?
    日本国内で登記済み、もしくは6ヶ月以内に登記予定の企業(組織)で、かつ「属性型JPドメイン名」を未登録であることが必要です。
    *会社設立前の仮登録もできます。
    ■企業(組織)
    ・株式会社、有限会社、合同会社、合名会社、合資会社、相互会社など
    ・信用金庫、信用組合、外国会社(日本で登記していること)
    ・有限責任事業組合
    ・企業組合(「co.jp」か「or.jp」のどちらか1つを選択可能)
    ・投資事業有限責任組合
    ■属性型JPドメイン名
    「co.jp」、「or.jp」、「ne.jp」、「ac.jp」、「ad.jp」、「ed.jp」、「go.jp」、
    「gr.jp」、「lg.jp」
属性型・地域型co.jpドメインのお申し込みはこちら

会社概要

サブロクサービス
株式会社ワントゥワン

※お問い合わせは専用フォームからどうぞ。

総務省 電気通信事業 届出番号 C-17-1319
JPRSドメイン名指定事業者番号 属性型ドメイン AGKZ-0908 
JPRSドメイン名指定事業者番号 汎用JPドメイン AGNT-1674